■ファイナンシャルプランナー(FP)の試験内容

【試験は年に3回。学科と実技(どちらも筆記)が行われます】

次は、試験案内です。私が受検したときの経験をふまえて、
それぞれの注意点やポイントとともに紹介しましょう。

試験内容

試験実施日
毎年5月下旬・9月初旬・1月下旬
※試験日の天候や気温は必ずチェックしましょう。試験会場はそのときに
よって暑かったり、寒かったりするので、着脱しやすい服でいきましょう。

試験時間
学科:10時~12時
実技:13時30分~15時
※受検生の中にはお昼を外食する人もいるけれど、昼食時はお店が混雑
するので、お弁当を持参したほうが良いと思います。

●出題形式
学科:筆記(マークシート式)60問・択一
実技:筆記(記述式)40問
※実技の記述式は、長い文章を書かせるのではなく、より実務に近い
計算式などが出題されます。

合格基準点
学科:60満点中36点以上
実技:100点満点中60点以上

試験科目

●学科


科目

出題数

ライフプランニングと資金計画

10問

リスク管理

10問

金融資産運用設計

10問

タックスプランニング

10問

不動産

10問

相続・事業承継

10問

合計

60

実技


科目

出題数

FP総論

2問

金融資産運用設計

4問

不動産

3問

リスク管理

4問

タックスプランニング

3問

相続事業・承継

3問

ライフプランニング・総合問題

21問

合計

40