■私の合格体験記④FP試験は2級から?それとも3級?

FP3級からが効率的に学習できます♪頑張ればFP2級からでも

これからFP試験を受験される方の中で、何級から挑戦すべきかを検討されている受験生は多いと思います。

  • 「3級なんて誰でも合格できるんだろうから、わざわざ受けるまでもない」
  • 「3級から受験するのが筋だろうけれど、一日も早く仕事に結び付けたいから2級から!」

とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら、そもそもFP試験は2級からの受験が可能なのでしょうか?

ここでは、FP試験の受験級をテーマに検討することにいたしましょう。

まずFP3級から受験するのがセオリー

そもそもFP試験には受験資格が設定されています。あれこれ議論する前に、まずはFP試験の主催母体であるきんざいのホームページで、FP2級、3級の受験資格を確認しましょう。

FP2級は下記のいずれかを満たしていれば受験可能

  • 3級技能検定の合格者
  • FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
  • 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
  • 厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

FP3級の受験資格は下記の通り

  • FP業務に従事している者または従事しようとしている者

(※ 金融財政事情研究会(きんざい)に掲載されている受験資格の確認はコチラから

このように、FP3級は誰でも受験可能であるものの、FP2級に関しては「3級合格者」「実務経験者」「所定の研修修了者」「所定の資格合格者」であることが求められます。初受験者が誰でも挑戦できるものではないのです。

また、FP2級と3級では試験内容が同様であり、2級では3級レベルの知識をより掘り下げた内容が出題されることから、大前提として3級合格相当の知識は必須であると言えます。

これらのことから、FP試験は3級→2級と順を追って挑戦するのが得策であると言えます。

通信教育の受講で、「いきなりFP2級受験から」もOK

とはいえ、一日も早くFP資格を仕事に活かしたい場合には、実務上求められる2級合格を早期に目指す必要があります。しかしながら、3級未受験、実務経験もないといった場合にはすぐに2級を受験することができません。

このような受験生は、上記に挙げたFP2級の受験資格のうち、「日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者」に注目されることをお勧めします。

「日本FP協会が認定する~」とあると、何やら特別な研修のように感じられますが、決してそうではありません。要は「通信教育等のうち、指定のものを修了させてから受験してね」というだけなんです。

この指定通信教育についてはいくつかあり、受講料としてもさほど高額ではありませんのでご安心ください。

以下のURLより、指定講座を提供する認定教育機関の一覧をご確認いただけます。必要に応じて活用するようにしましょう。

(※ FP協会認定の認定教育機関はコチラから